外資系企業のオフィスにカラーのパーテーションを使用しました

日本のオフィス什器はシンプルな為カラフルなパーテーションがあると良い

日本のか賃貸ビルは、返却するときに原状回復することが必要で壁の塗装は出来ないと言われたので、パーテーションを利用することにしましたが、希望の色の具材が無くパーテーションに塗装することになりましたが、レイアウト変更等で、変更した場合には同じ色が揃わないこともあるので実際に使用するよりも1.5倍位多く塗装してレイアウト変更をする会社に保管を依頼しました。
壁はカラーの壁紙を貼り色を合わせ、什器もチェアーに関してはコンセプトの色に合わせて準備しました。

タイルカーペットは特注が出来ないので、納得して貰い増したが改めて日本のオフィス什器は、グレーか白が主体で有っても木目くらだと言うことが判りました。
この仕事が有ってから、国内の大手IT企業などの社内を雑誌などで見ると機能的でカラフルな製品は海外製で、パーテーションの色は白を基調に会社ロゴや写真をシールで貼っていることが判明しました。
これからはカラフルなオフィスやそれに似合うパーテーションが出てくれば良いと感じています。

海外企業の部署が東京でオフィスを開設することに / フロアをカラーで分けたいとの要望に応えるのが大変 / 日本のオフィス什器はシンプルな為カラフルなパーテーションがあると良い